2014年12月18日

偽物の銃の話と偽物の剣の話

冬コミノベルティ〜〜vv
sampleデータ.jpg


ルームフレグランスです。
香りは4種類、絵柄は2種類です。
ランダム配布で、絵柄&香りをお選びいただく事は出来ません。
数に限りがありますので、先着配布で、なくなり次第終了です。
1月大阪インテでも配布予定。もしかしたら通販特典での添付も虎さんでやってくれるかな、と考慮中。


まじ快1412--11話感想

コナン君は快斗の事を、細い細いを連呼するな ヽ(゚∀゚)ノ
なんでコナン君が、細いって言うだけでこんなにエロく聞こえるのか!
「その足首にボタン型シールを…」と言うだけでいいのに、わざわざ「細い足首に…」というあたり、なんかもうこのコナン君下心ありありで、やばいよ。うらやましいよ。私にも快斗の細い足首さわらせろよ。
腰からがやけに細い奴を探してたって……変装快斗のあの外見のどこをどう見たら気付けるんだよ。
なんかもう、口ぶりが、最初から快斗の腰は細いと知ってるぽいのがやばい。
もうきっとこの二人出来てる(真剣)

普段ざっくばれらんな口きいてる子が敬語って萌える。
中森警部に丁寧語の快斗が、なんかよかった。声だけだと新一だったけどw
この時の一人称が「ぼく」だったのに、びびった。地味に悶えたわ〜。

でもやっばり、コナンとキッド、この二人がそろうとドキドキする
あのトイレのシーンの壁一枚隔てただけの会話はたまらん
壁一枚だけの距離。近くにいるのに届かない的な('∀`)
快斗はコナンがいると、数倍かっこよくなる気がするの。
やっぱり侮れないライバルがいると、いつもに比べて精神的にピリッとするのね。
お気に入りのちびっこ探偵君の前では、かっこよく見え張りたいよね〜。
快斗のくせになまいきだわwww




fate#10 感想
キャスターと葛木先生の主従は大好きです。
この二人を見てると、ほわほわするわ〜〜。
本当に、この出会いこそが聖杯のもたらしたキセキそのもの。
葛木先生の暗殺拳はかっこいいけど、ちょっとあの特殊性はわかりにくかったかなぁ。てか私にとってはUfoの殺陣って理解しにくい事が、ままある。これはたぶん、スタッフのせいじゃなくて、私の理解力が描写においついてないんだろうなぁ。スタッフが頑張ってるから、見る方も頑張らねばな。

士郎の覚醒→投影のシーンは、派手すぎて、ちょっとバカっぽかったので、もう少しなんとかならなかったのか(笑)
原作だと双剣を一回葛木に壊されて、作り直すシーンがあったけど、カットされて残念 (´・ω・`)ショボーン ブルーレイでは入るかなぁ。
士郎の投影っていうのは、自分自身との戦いだから、自分の中の「剣」のイメージをより強固にするために、魔力の方向性が、内へ内へと向かっていく印象があるんですよ。目の前に敵がいても、かまうもんかっていう感じで、自分の精神世界に埋没していっちゃうのが、士郎の魔術のあり方って思ってる。
その辺が設定上、すごく魅力的だと思ってたので、描写されなくてガッカリだったのだ〜。
それと同じ意味で、士郎の覚醒シーンで、魔力が外側にカミナリみたいにバチバチするのは違うと思ったんですよね。力があふれていくなら、外側じゃなくて自分自身の内側に対してじゃないかと、漠然と考えているわけです。
ともあれ、「借り物の理想を胸に抱いて、借り物の剣で戦う」のが衛宮士郎というキャラのロマンなので、剣を投影出来るようになったこっからが士郎さんは本番!

そして、またしてもアーチャーをお留守番にする凛!
今回は、「この学校に私以上の魔術師はいない」っていう慢心からおいてきたわけじゃなくて、冒頭のアーチャーのキャスター擁護発言に不穏なものを感じ取ったわけだからだけど……(この辺もゲームだとわかるけど、アニメだとわかりにくいかな?)
でも、いくらセイバーがいるとはいえ、8割以上の確率でサーヴァントとの戦闘が起きるとわかってる場所に、アーチャー連れていかないって……なんかこう……
凛って、アーチャーと別行動しすぎて、聖杯戦争に勝つ気ないみたいに見えるよね (゚∀゚;)
キャスターと合わせたくないなら、その場に連れていかなくても、奴の鷹の目を生かして、超長距離からの援護射撃をさせるために新都に待機させるぐらい出来たんじゃないかなぁと、こっそり突っ込んでみる。。。




posted by 高田ばんび at 00:00| 感想

2014年12月10日

ピンクの似合う男と正義の味方

around9_hyoushi-2.jpg


冬コミは通常の新刊の他に、再録も用意できたらいいなぁと、、、
そんなわけで再録本の表紙ですが、いつもより、絵がロリっぽくなりました。なぜだ。(←不服らしい)


まじ快1412 感想

コナン君来た!!
ちっちゃい名探偵と快斗が同じ画面にいるだけで満足です。
しかも接触してたしね!
やっぱかわいいね〜〜。
この二人がそろうと、独特の緊張感と連帯感が生まれてよいです。
(新一とだと、もっとピリピリするっていうか、ギスギスする?)
コナンが「今日になるまで何かを待っていたのかもしれないね」ていうのを、
壁の影から楽しそうに笑って見てる快斗が好き。

そして毎回、快斗君のお洋服お着替え多い〜〜
ピンクの似合う男は大好きです!
もうちょっと工夫したら、もっと垢抜けると思うのに!!惜しい==って感じがもう、もう(いや、私もたいして服のセンスあるわけでないので、アレですが)
警官の制服メガネ快斗が素晴らしかったです!ご馳走さまでした!
龍馬の銃をかまえる快斗も可愛かったです。ありがとうございます!

続きですか、そうですか、テレビの前で待機しております!

でもコナンとキッドの事件としては、わりと最近のエピソードである龍馬をやっちゃうってことは、それまでの空中歩行とか、瞬間移動とか、あの辺はやってくれないのですね(;_;)
別に劇場版の探偵たちの鎮魂歌とか、あのあたりを3回前中後編で、快斗視点でやってくれてもいいのよ?いいのよ? (・∀・)



fate#09 感想
なんか、今回口のアップばっかりで変な絵コンテだったなぁ。
演出ってわけでなくて、これは絵コンテやった人のくせなんだろうなぁ。
ぜんぜんフツーのシーンで、キャラ関係なく口元アップになってたし。

それにしても、遅れて登場したアーチャーが怒られるシーンは、原作よりも理不尽さが増しているww
学校に自分たち以外のマスターが、しかも二人もいると知りながらアーチャーを家に置いていったのは凛で、結界発動中は、完全に連絡も絶たれてたわけなのに〜
このあたりは原作だと、ふたりの関係の親密さゆえの凛のわがままな主張とやつあたり、そしてそれを甘受するアーチャーなのだっていう説明が入るけど、その解説が入らないアニメだと、納得かない事甚だしいwww

でもって、結界があるのに、アーチャーをおいてきたのは、凛の「この学校に私以上のマスターはいない」という傲慢さゆえだと思うけど、校庭のまんなかで士郎と修羅場(?)はまじでうっかりスキル発動(笑)
これはウワサになる(笑)

一成と士郎のシーンは、ミミちゃん大喜びでしたね!
なぜ、気合いを入れたんだスタッフ!そしてなぜ一成の頬を染めた!www
ちなみにミミちゃんは、プリズマ☆イリヤに出てくる、イリヤちゃんのお友達ですよ
mimi01.jpg

mimi02.jpg


twitterや他のネット媒体で、この画像↓は結構出回ってるので、ミミちゃんの名前をしらなくても、このインパクト絶大なセリフと顔を知ってる人は多いかも ヽ(゚∀゚)ノ
mimi03.jpg

プリズマ☆イリヤ面白いよ!イリヤかわいいよ! 公式ロリ女体化アチャ男さんが出てくるよ!(←いや、イリヤちゃんがアーチャーの服を着て、戦闘能力を自分に憑依させて戦ってるだけなんですがww) 知名度まだ低い作品なので宣伝宣伝 ヽ(゚∀゚)ノ

「なぜ、正義の味方なのですか」なシーンが、すごくいい
答えられない士郎が、たまんない。
答えられないよね、だって自分の気持ちじゃないから。
キリツグから言われたから追ってる、借り物の理想だから。

次回の投影の初お披露目が楽しみ
「借り物の理想を胸に抱いて,借り物の剣で戦い続ける」のが士郎のロマン


posted by 高田ばんび at 00:00| 感想

2014年12月04日

ファントムレディと二刀流

141206.jpg


来年のコナン映画!
キッドさん出ますね!
嬉しい、嬉しい、嬉しい!!
公開された画像だと、あきらかに偽物くさいですが、偽物がでたら、絶対に本物も黙ってないはずなので、快斗の出番に期待!
また探偵たちの鎮魂歌の時みたいに、シレッと変装してコナンの近くにいても面白いけど、一度やっちゃってるからそのネタは使わないだろうし、事件が終わった後に、偽物にちょっとした報復を……ネタはルパコナ劇場版でやっちゃってるし、、、、
どうやって、本物キッドが絡むか、楽しみ〜〜。


そして以下、今週のまじ快1412とFateの感想。
時間なくて、イラストつけらんなかったよ .・゚・(ノд`)゚・.
仕事も原稿も山盛りです。
そして、あんまり忙しいと、自己逃避して掃除したくなるのは、みんな同じだよね!(笑)
おかげで、今、わが家のキッチンはピカピカです! ヽ(゚∀゚)ノ


まじ快1412 第9話
今までで一番面白かった!
前のキッド祭りとかでで作られてなくて、比べずに済むのがいいのかなぁ。

とりあえず、声付き初代キッドは色気があってすごい。

序盤の、千影さんとの通信で「怪盗キッドになる日なんだよ」ってシレッといてるけど、快斗がッドをやってることを千影さんにカミングアウトするシーンってあったっけ。寺井さんから情報が行ってる?
この辺って、確か原作でも素通りされてたと思うので、そのうちちゃんとやってほしいなぁ。
千影さんがかつて怪盗だってわかるのと、たぶん同時のエピソードなんだろうけど。
まだコミックス化されてないこの辺の話はアニメでやると、カミングアウトエピソードがないせいで、なんか全体から見た時の物語の流れがおかしい感じがするかも。

で、結局初代キッドは千影さんを救うために怪盗はじめたってのでいいのかな?
原作だとわからなかったけど、このアニメでは、そいう解釈なのか。
マンガの方読んだ限りでは、千影さんのためにキッドになったのか、それとも元々怪盗キッドをやってて、その仕事の中でファントムレディの事を知って助けに来たのか。ちょっと判断つかなかったんだけど……
あ、でも原作でもしょっぱなから本名名乗ってるから、そういう解釈でいいのか。
元から怪盗だったら、怪盗としての名前を名乗るだろうし。
でも、そうすると、どこでファントムレディのことを知って、こんな救出劇をするきっかけになったんだろう
元から怪盗であったら、その稼業で裏世界にかかわって、ファントムレディの内情を知るとかありそうだけど。
マジシャンがどこでどうして、ファントムレディの事情を知ったんだろう。
……そもそもなんで、あんな派手なステージ衣装を着て、助けに来たんだよwww

そして、まさかの解決編が、次回まわしに……!

今回は空気を読んで、ちゃんとコナン龍馬事件に続けてくれて、ありがとーー\(^_^)/
嬉しい!
快斗とコナンが同じ画面にいられるのが見られる!
それだけで幸せ!
しかも快斗視点! +ワク.。゚+.(・∀・)゚+.゚テカ+



fate #08

序盤の二刀流の練習士郎かわいい。
なんか、繰り返しで描いちゃうけど、今回のアニメでは、士郎の作画にすごく力入ってる!
事前のインタビューとかで、スタッフが、衛宮士郎という人間をしっかり描きたいみたいな事を言っていたので、シナリオや演出上で大事にしてくれるのはわかってたけど、作画でも、こんなに、ヒロインズ並に気合い入れて描いてもらえるとは思ってなかった!
後半の強化モップのバトルもかっこよかったし、凛の宝石魔術にそなえて後ろにあわててひっこむ士郎のしぐさもすごく可愛い! やばい(*^_^*)

廊下で士郎を待ち伏せする遠坂さんのエピソード、素直に出てったね、士郎(笑)
原作ゲームだと、ここで選択肢が出てきて、見なかった事にして凛を無視すると、凛が廊下から消しゴムをすごい勢いで投げてきて、士郎をかっ飛ばすシーンが合ったりするんだけど……これをアニメで見たかった (゚∀゚) 消しゴムの威力すごすぎて、椅子ごと一回転する士郎……w

あと、原作ゲームだとそんなに気にならなかったけど、アニメで見ると凛の甘さが、際立っちゃってびっくりしますね。
凛、令呪簡単に使いすぎだよね、とか。
まぁ、士郎に対して、精いっぱいの誠意を込めたお詫びの意味があるんだけど。そういう、一度ふところに入れた人間への情の深さが凛のいいところ。。。本人いわく心の贅肉なわけですが。
しかし、また家にサーヴァント置いてくる凛……結界あるの知ってるのに、なぜって思っちゃう。
令呪あと一画じゃ、緊急召喚だってできないじゃん!(一画は絶対に残す必要があるから)
フツーに学校に来てる士郎を怒れないよね。

それと、シンジの存在と、彼が結界の主である事実を見逃したのは、うっかりではなく凛の傲慢だと思うのです。
凛の最大の弱点はうっかりではなく、この傲慢さだと、個人的に思っています。
シンジがそんなこと出来るわけないっていう思い込み。
腐っても名門マキリの血脈。どうにでもできる裏技があるとか想像できなかったのかな、とか思う。(実際に裏技でシンジはマスターやってるわけだし)
桜ルートでは、士郎に「なんでも思い通りになると思うなよ」とか言われてて、あのシーンの士郎は私の代弁者だったわけですが、凛は、周りを下に見て、他の雑魚なんて、いくらでも自分のいいようにできると思い込む悪い癖があるのです。
自分がなまじ優秀だから、他を下に見て馬鹿にする悪い癖があるって、本編のどっかでも言われてた気がするなぁ。

結界発動して、緊急召喚されるセイバーかっこよかったけど、ほぼ時を同じくして、ライダーさん、退場。劇場版でお会いしましょう!(>_<)

そして、凛と士郎が教室の生徒の容体を調べつつ、状況把握をしてる裏で、結界がとけた直後に凛の危機に気付き、今ごろ一生懸命走って、学校に向かってるアーチャーがいるんだなぁと思うと笑えます。



posted by 高田ばんび at 00:00| 感想

2014年11月26日

大人と子供

141123.jpg


まじ快8話
「おっきいの?」「ちっこいの」が本日のハイライトでした(笑)
画面見ながらつっぷした!www
これは幼なじみだからこその気安さで、すませていい会話なのか!
いや、こんな会話をしれっと、はじらいなくしちゃうから子供なんだな(笑)

紅子が、快斗を追うようにして、背伸びしてる自分に気づくシーンかわいかった!

快斗のスーパーローラースケートかっこよかった!
なんで、あれで綱を渡れて、アイススケートが出来ないのかww

毎回、最後に出てくる千影さんがよいな〜〜。
親子の会話のはしばしに、快斗の日常がこぼれてるのがいい (*´∀`*)
毎回、この親子の会話すごい楽しみ〜〜vvv




fate#07
『理想を抱いて溺死しろ』
あの名せりふがキチンと原作のタイミングで聞けました!
前の劇場版だと、このセリフ入ってたけど、変な改編で、違うシーンで出てきちゃったので。

そして、カラドボルグ真名解放と、アーチャーの呪文詠唱も初出!

まさかのcパートが良かった!

小次郎雅!
三木さんの演技が原作ゲームよりずっとよくって、のらりくらりとした感じ。花(女性)と月を愛でる彼のいい意味での軽薄さ、軽やかさが良く出てたです。
このアニメで好きになりそう。
山門のシーン、ずっと枯れ葉が舞い続けてる演出も季節感合って「花鳥風月」って感じでいい!(しかし物語の中の季節は2月だ!www前もライダー戦の時気になってたけど、木の葉生い茂ってたよね。でも枝ぶりからして広葉樹だったよね!まぁ、重箱の隅つつきなんですが!)

セイバーに抱きしめられる血だらけ士郎が可愛くてドキドキですよ
もうこのままセイバーが「貴方が私の鞘だったのですね」とか言いだしてもイチャラブしてもいい(それ、ルート違う)

アーチャーの過去描写入った
戦闘シーンもみんなすごくて、キャス子とアーチャーでアーチャーが空中戦みたいになってるのはちょっとだけ笑っちゃったのは秘密だw
(Vita版のOPみたく、ここは地面にずっと足着けて戦ってくれた方が、アーチャーらしい泥臭さがあって好きだったかも)

そして、ちょっとよその感想サイトとか見てみたら、先週から一転、士郎がウザがられてて、ちょっと残念 ヽ(゚∀゚)ノ
士郎はアーチャーと、反対にアーチャーは士郎といる時に、お互いの対応がちょっと子供っぽくなっちゃうのが面白いのに〜〜。そういう意地の張り合い、煽り合いだと思ってあの会話みると、あの二人の会話は面白いのです。

そして、その感想の中で、キャス子と結んで、勝利するのが一番平和な聖杯戦争という言葉に開眼!
ちょっとネタバレになるので反転しますが
キャス子の能力なら、汚れた聖杯も浄化できるし、願いも平和!
何しろ白馬の王子様と末長く幸せに暮らす事が願いで、白馬の王子様はゲット済みだし!
何気に魔術師のルールはきちんと守ってて、一見派手に見える魂食いも、命に関わりのない範囲に押しとどめる良識もある。
そういえば原作ゲームでも、キャス子にとっつかまって、ホルマリン漬けにされたり魔杖にされたりとかのバッドエンドあったなぁ。凛が士郎にとどめを刺してくれる話。正直萌えました。ふふふ。

141120.jpg



posted by 高田ばんび at 00:00| 感想

2014年11月19日

遊園地とお寺

141115.jpg


まじ快7話
遊園地回!
今回の快斗、顔がかわいい、わ〜〜い!\(^_^)/
スタッフの方が、青子が好きで、快青贔屓なのか、青子はいつも原作以上に可愛いし、青子と一緒にいる快斗は、すごく可愛く描いてもらってる気がする!

しかし、快斗の服
どんな色味だよ(笑)
こんなのよっぽどのハンサム君とかじゃないと似合わないよ、、と思ったけど頭の中でこの服で実在する快斗って感じで妄想して見たら、意外に似合ってた!
いけるじゃん! このサイケでキッチュな色合いは、意外に明るくて愛嬌のある快斗には合うぞ!

映画館の寺井さんも大人げなくて楽しかったです。
きちんと快斗のサポートやってあげて下さい(笑)



fate#06
アーチャーさんが矢を射る姿は美しいと思うのです!
原作ゲームでも、アーチャーが矢をつがえてるスチルはみんな好き。しびれる。
しかし、あの散弾みたいな矢はどうやって打ってるんだろう?
空中で分裂とかするんかな。ハッもしかして投げボルグ投影して、矢に変換してるのか!(なんか、あれ空中で分裂して千の刺になって敵を殲滅するなんてのを読んだ気が)
まぁ、ゲイボルグにしては威力ないので、そういうことではなさそうですが。

今回のfateで士郎を嫌いになる人が少ないのは、彼のトラウマをスタッフが丁寧に描いてて、薄っぺらにみえないから
あとzeroを先に視聴してる人が多いっていうのもあるのかな、とか考えた。
あれを見てからだとFate世界の「正義の味方」っていうのが昔ながらの清く正しいものでは決してなくて
犠牲と痛みを伴う者だって理解できるから、痛みのない正義を求めてあがく士郎にきちんと思い入れできるのかな、とか。

桜退場は今回で退場か〜。原作通りだと、もう出番ないよね。オリジナルシーンとかで出てくるかな……、うん、劇場で待ってる .・゚・(ノд`)゚・.

予告に笑いました。
あのコマの配置!
いや、その通り!その通りなんだけどさぁ!
なんであんなに笑えるんだろう(笑)


今回アニメは、原作の三つあるルートのうち、凛とくっつく凛ルートなわけですが、思った以上に、セイバーがヒロインっぽく、かわいく書かれてて、エピソードもグッドエンドを狙った時に通るエピソードが挟まれてるせいで、
今回のアニメでは トゥルールートではなく、グッドエンドなのではというウワサをチラホラ耳に挟みます。
いやでも、グッドエンドはやめて欲しい。通称両手に花エンド。
あれは真エンドがあった上で、そのおまけ要素として楽しむものであって、物語が一本道のアニメでやるべきじゃないと思うのです。あれをアニメでやっちゃったら、某作品の「おまえたちは、俺の翼だ!」と同じぐらい、すっきりしないラストになる……。
私の中で作品評価が、一気にマイナスまで下がる自信があるww 買ったブルーレイボックスも売り飛ばす勢いでがっかりするから、まじやめて〜〜〜(>_<)(グッドエンドが嫌いなわけじゃないです。妄想をかき立てられるし、いいんです。ただ、一本道のアニメではやって欲しくない〜〜〜)

141118.jpg


posted by 高田ばんび at 00:00| 感想