2014年11月26日

大人と子供

141123.jpg


まじ快8話
「おっきいの?」「ちっこいの」が本日のハイライトでした(笑)
画面見ながらつっぷした!www
これは幼なじみだからこその気安さで、すませていい会話なのか!
いや、こんな会話をしれっと、はじらいなくしちゃうから子供なんだな(笑)

紅子が、快斗を追うようにして、背伸びしてる自分に気づくシーンかわいかった!

快斗のスーパーローラースケートかっこよかった!
なんで、あれで綱を渡れて、アイススケートが出来ないのかww

毎回、最後に出てくる千影さんがよいな〜〜。
親子の会話のはしばしに、快斗の日常がこぼれてるのがいい (*´∀`*)
毎回、この親子の会話すごい楽しみ〜〜vvv




fate#07
『理想を抱いて溺死しろ』
あの名せりふがキチンと原作のタイミングで聞けました!
前の劇場版だと、このセリフ入ってたけど、変な改編で、違うシーンで出てきちゃったので。

そして、カラドボルグ真名解放と、アーチャーの呪文詠唱も初出!

まさかのcパートが良かった!

小次郎雅!
三木さんの演技が原作ゲームよりずっとよくって、のらりくらりとした感じ。花(女性)と月を愛でる彼のいい意味での軽薄さ、軽やかさが良く出てたです。
このアニメで好きになりそう。
山門のシーン、ずっと枯れ葉が舞い続けてる演出も季節感合って「花鳥風月」って感じでいい!(しかし物語の中の季節は2月だ!www前もライダー戦の時気になってたけど、木の葉生い茂ってたよね。でも枝ぶりからして広葉樹だったよね!まぁ、重箱の隅つつきなんですが!)

セイバーに抱きしめられる血だらけ士郎が可愛くてドキドキですよ
もうこのままセイバーが「貴方が私の鞘だったのですね」とか言いだしてもイチャラブしてもいい(それ、ルート違う)

アーチャーの過去描写入った
戦闘シーンもみんなすごくて、キャス子とアーチャーでアーチャーが空中戦みたいになってるのはちょっとだけ笑っちゃったのは秘密だw
(Vita版のOPみたく、ここは地面にずっと足着けて戦ってくれた方が、アーチャーらしい泥臭さがあって好きだったかも)

そして、ちょっとよその感想サイトとか見てみたら、先週から一転、士郎がウザがられてて、ちょっと残念 ヽ(゚∀゚)ノ
士郎はアーチャーと、反対にアーチャーは士郎といる時に、お互いの対応がちょっと子供っぽくなっちゃうのが面白いのに〜〜。そういう意地の張り合い、煽り合いだと思ってあの会話みると、あの二人の会話は面白いのです。

そして、その感想の中で、キャス子と結んで、勝利するのが一番平和な聖杯戦争という言葉に開眼!
ちょっとネタバレになるので反転しますが
キャス子の能力なら、汚れた聖杯も浄化できるし、願いも平和!
何しろ白馬の王子様と末長く幸せに暮らす事が願いで、白馬の王子様はゲット済みだし!
何気に魔術師のルールはきちんと守ってて、一見派手に見える魂食いも、命に関わりのない範囲に押しとどめる良識もある。
そういえば原作ゲームでも、キャス子にとっつかまって、ホルマリン漬けにされたり魔杖にされたりとかのバッドエンドあったなぁ。凛が士郎にとどめを刺してくれる話。正直萌えました。ふふふ。

141120.jpg



posted by 高田ばんび at 00:00| 感想