2018年06月10日

悲伝・・・・考察

なぜ三日月だけが
ループするはめになったのか


実は最初の何回かのループだけは三日月が望んでしたもので、
最初は歴史遡行軍による本丸襲撃の時点で仲間が全滅してて(この時点では本丸の場所がばれたのは偶発的な事故)
それをなんとかしたくて主が死ぬ直前に主が作った時空門に飛び込み時間を遡行
歴史改変を行ってしまった結果
(しかも本丸がいき残るまで何回もやり直してしまった)
自分が抜け出せなくなってしまっていることに気づいたんじゃないだろうか
歴史改変をした結果、自分がループすることその物が歴史に組み込まれてしまい、
強制的なものになってしまった
そして、三日月はこの状況を、歴史を変えてしまった罪の罰と考えている
(実は三日月は歴史改変をすることにすでにあまり抵抗がないのは、、骨ばみにお守りを渡し、山伏を救ってしまうことからも見て取れる)

いつか罪が許される日はくるのか、解放される日はくるのか
解放してくれる誰かはいるのか
そして、三日月は、刀である自分が心を持ってしまった事を実は悲しいことだと思っているのかもしれない。
心さえなければ、あんな風に、どうあってもこの本丸を救いたいなどと願わなかっただろうと。

この設定で仮定すると
実は、三日月がループから確実に逃れる方法がひとつだけあって、
それは本丸を見捨て、あの襲撃戦で滅びるままにすること、そして三日月本人も、本丸と運命を共にすることなんじゃないだろうか?
でも、それは嫌なのだ、三日月は。やはり大好きな(末満さん、いわく「三日月はこの本丸が大好きなんです」なので)本丸が滅びることを許容できないでいる。
ループはもういやだ。でも本丸が滅びるのも嫌だ。
それが三日月の悲しさなのかもしれない。
そして、一番簡単な方法以外の道を必死で探しているのかもしれない。
何百回も繰り返しながら

そして、これが皆にこのループの秘密を明かし、助けを求められない理由なのではないだろうか?
まんばは「おれたちに出来ることはなかったのか!」って叫んだけど、
お前たちが皆、元の歴史通りに死ねば、自分は助かるのだとは、とても言えないだろう。
posted by 高田ばんび at 21:01| Comment(0) | 刀ステ

悲伝・感想(みかんばフィルターver)

最初の第一声が「三日月」(また言う)
いやもうおまえ、これは恋だろ。

もう「悲伝・結の目の不如帰」じゃなくて「悲恋・結の目の不如帰」でいいんじゃないかな!


シリーズが進むにつれ三日月への依存度がまし、
今作の中では、物語が進むにつれ、乙女モードが加速していくまんば……いや、私はね、
まんばは、どちらかというと長谷部よりの、あるじ至上主義だと思ってた。
それが……

不動「まんばちゃんも三日月さん斬ろうとか思ってないよな」
まんば「………」
長谷部「惑うな、山姥切!」

ここ、本当にびっくりした!
答えられないんだ、って真顔になった。
私の心の中にいる、フラットな状態のまんばなら、多少間は空いても斬るって決断をすると思ったから

twitterで、公演中にarmkさんがツイートする度に、最後に『主のために』とそえているんですよ。
それをみると、刀ステまんばの一番の理解者であるarmkさんも
その解釈してるはずなのに、三日月の時だけそれが逆転するってことですよ。
これはもう恋だろ!!

でもって、三日月の裏切りが知れてからのもみ合いで、長谷部に突き飛ばされて
乙女座りにΣ(゚Д゚;)
え、まって、そのシーン、そのポージングと、その惑い具合でいいの???!!!
おかげで2分間程、まんばのいる左端を心底びっくりしながら凝視してしまい、
舞台中央ではかっこいい殺陣とかあった気配なのに、まったく見れてません。
大丈夫この人、もう三日月の女にされてない?(暴走)
いや、まんばそういうキャラじゃないだろ。
でも虚伝の初演から見てると、荒牧さんだって私と同じかっこいい系解釈なはずなんだ、
その彼が、こういう方向性でまんばを演じてるってことは
もう出来上がってるってことでいいんじゃないかな!!!

ぶっちゃけ、みかんばフィルター外しててもみかんばに見えちゃうぐらい、みかんばだった
普段の私は、彼は男らしくてクール系寄りの解釈なんですが(そして虚伝の初演から見てきたからこそ、荒牧さんの基本のスタンスもうそうだと信じてる)、だからこそ、三日月が好きじゃなきゃ、その彼がこんな風に物語の中で精神的にメロメロにされるなんてありえないと思った。
まんばの、三日月への執着とか慕情というのは本当に濃い。みかんばフィルター抜きに見ても、恋情すれすれの憧憬なんだと思う。

三日月も最後まで自分に懐いて追っ掛けてくるまんばが可愛くてしょうがないだろ、これ。
最初は、孫みたいに可愛がってたのが、ループを繰り返す内にほだされて、
毎回一生懸命に、円環の果てまでついてくるのに胸をえぐられて、大好きになって、
今度も自分の不如帰(運命の人)は彼がいいなぁ、ループに最後の見る仲間の顔が彼だといいなぁとか思ってるだろ!
だから、かれが最後に一騎打ちに来てくれるように、一生懸命、彼の中の「三日月宗近」への執着を育ててるだろ!(しかしそれが、執着を通り越して、今回のループでは恋情に育ってしまっていることに、たぶん三日月は気づいてない)
それでもって、もしも彼が勝って、自分を殺して、それによりループが終了するなら、最後に自分に引導を渡すのが彼ならこの上ない幸せだなぁとか考えながら、あんな真っ白になるまで頑張って、まんばが一騎打ちの場に現れるまで顕現し続けてるだろ!!!??!

なんていうか、なんで三日月があんな真っ白になるまで頑張って顕現していたのか(まんばが勝ったからってループが終わるとは限らない、特に今回は時鳥の存在をはじめイレギュラーがたくさんあったから、それで円環が変わらなかったのに、今更まんばが勝ったぐらいで変わるとはちょっと思えない)、なんでまんばといきなり戦い出したのかとか(三日月はまんばに倒されたくてしょうがない。好きだから)ストーリー上の矛盾のいくつかが、三日月とまんばが両片思いと解釈することで、丸く収まってしまうんですが!!!公式大丈夫なの???!


そんなわけで、みかんば的にステ三日月を幸せにする方法をいくつか考えてみた。

1:ループの記憶が残ってるまんばが、円環をゆがめる為に、三日月と結婚して縁を結んで、これ以上のループを止める---→ラブラブハッピーエンドルート
2:ループの記憶が残ってるまんばが、最後の瞬間に自刃して、自分も三日月と一緒に永遠ループに加わる---→メリバルート

番外:度重なるループで結の目さえ歪んでしまい、時空を超えて、三日月は空を船が飛ぶ不思議世界に放り出される---→グラブルエンド(この三日月はきっと闇属性)
posted by 高田ばんび at 20:59| Comment(0) | 刀ステ

2018年06月09日

進展

少しずつでも進めるのだ
スクリーンショット 2018-06-10 15.34.24.png
posted by 高田ばんび at 00:00| 日記

2018年06月08日

2018夏コミ

◎貴サークル「ロンノとカルス」は、金曜日 東地区“ク”ブロック−01a に配置されました。

すでに表紙だけお披露目してるこの本を頑張りたい。
プロットは描きながら考えてる(大きな骨組みと、ラストは考えてあるんだけど、途中はまだあやふやな部分がある。あと、長い話しな分、書き進めながら絶対に変動していく。)
ネームは描き終わってから下書きに入ろうとか考えると、発行がさらに遅れるので、作業しながら同時進行。(これはわりと、いつもやってる)

スクリーンショット 2018-06-08 19.55.30.png
posted by 高田ばんび at 00:00| Comment(0) | 新刊情報