2014年11月04日

紅子さま!美綴さん!

前からずっと思ってたんですが、まじ快1412って
めっちゃBGM頑張ってますよね! 
次点でCG班!
今回本当に確信しました。
音楽はすっごい雰囲気盛り上げてくれてる。かっこいいし、今回の紅子さま関連の曲、みんなよかった!

141031.jpg


そんなわけで紅子さまですよ!
この辺の話のアレンジの仕方は、コナン枠でやってたバージョンの方が派手で楽しかったかなぁ。
バレンタインデー知らない快斗はやっぱり可愛いね (*´∀`*)
なんだろうね、このアホかわいさの中に、ちょっとだけカッコ良さがまざる感じね。
コナンだとその成分比が反転するけどね。
しかもチョコを何気にいっぱい貰ってるのもニヤニヤする。
あれだけセクハラまがいのいたずらして、女の子のパンツ見まくってても許される快斗すげー(笑)

そういえば、この前のサンデー三部作を見ててもちょっと思ったんだけど、快斗はキッドの「偽物」を演じてるわけだけど、本物を一度も見た事ないって、ちょっと切ないよね。
彼の中の「怪盗はこうあるべき」みたいなステレオタイプと、父親に対する憧憬と、寺井さんに伝え聞いた本物のキッド像の混ぜ合わせで今の怪盗キッドが成り立っているのかなぁ。
キッドを頑張って続けていくうちに、父親に対する憧れと共に、自分の演技をよりリアルにするために、プロのエンターティナーとして、本物のキッドを見てみたいな願望も快斗の中に生まれてくるんだろうなぁ。とか。
でもって工藤優作さんが、その初代キッドさんの映像資料とか持ってて、「おじさんと一緒にくれば見せてあげるよ」と、某名探偵に内緒でホテルに……という所まで妄想した。

あと、魔女は涙を流すと力を失うって設定、何気に好きです。
まじ快らしいロマンチックさがあると思うのです。


序盤で、寺井さんが「魔法使いではなく、魔術師です」とか言いだしたのに、思わず「TYPE-MOONか!」と突っ込んだのはきっと私だけじゃない(笑)(「fateシリーズ」をはじめ、TYPE-MOON作品群では、魔法使いと魔術師は明確に区別されているのです)。これってアニメオリジナルのセリフだよねw
うっかりfate世界に5人しかいない魔法使いの中に名をつらねてる紅子さん妄想した。そういえば紅子さん、エジプシャンな衣装だよね、ということは魔術教会のなかでも錬金術に特化し、エジプトに源流を置くと言われるアトラス院の出身か!とか。
私の頭の中で謎のクロスオーバー設定が炸裂した ヽ(゚∀゚)ノ
青子とか橙子さんとかのTYPE-MOONキャラの中に紅子さんの名前混ぜても違和感ないよねw
そして、どうてもいいけど、Fate/extraCCCのメルトリリスと紅子さんって、なんかイメージ重なる。
女王様体質なところとか、恋に恋するところとか、その恋を力づくで手に入れようとするところとか。


さてさて、来週はいよいよブラック・スターですね!
どういう雰囲気にしてくるのか楽しみ!


でもってFate/SN#04 日常回
士郎さんの、冬コート姿がメッチャかわいいんですけど!
今回のアニメはこの04話だけでなく、凛よりイリヤより、士郎が可愛く書かれてる気がするのは気のせいか!
弓道着の士郎も見れて大満足です!

141108.jpg


あと、藤ねぇお泊まり決定のシーンの士郎の困った顔とか、可愛すぎてやばかった。
……最近、自分が思った以上に士郎が大好きな事に気付いてびっくりの高田です。……うん、DEEN版のファーストインプレッションが最悪で一度嫌いになったキャラなのに……その後、原作ゲームプレイして、かなり好感度が上がったとは言え、嫌いじゃなくなったって程度だったはずなんですが……いまの私、すごい士郎ファンだよね……(笑)

オリジナルシーンの美綴さんとの会話もよかったなぁ。
士郎の表面上の行動とセリフだけではわからない、彼の本質をぐいっと視聴者に突きつけてくれる感じがよかった。
士郎は、その人格の本質を知ってるのと知らないのとでは、印象が180度変わるキャラなのです。
特にこの凛ルートでは、すごい重要。

オリジナルシーンと言えば、イリヤの出番追加も嬉しい。
原作ゲームのまんまだと、このルートは出番が少なすぎて、思い入れが出来ないまま退場してしまうので……

あ、でも先週の戦闘での「アーチャーを見直した」っていうイリヤの発言の真意の説明なかったなぁ、
先週ラストの士郎の怪我の説明も、きちんと欲しかった気がする。あれ、背中に瓦礫ぶっささっるって分かりにくいよね。

若干作画崩れてたのも気になったなぁ。今までが作画レベル高く安定してたぶん、ちょっと崩れただけですごく気になるので、ある意味損しちゃってるのかも。

そして次回はライダー姉さん登場ですね! 期待!

posted by 高田ばんび at 11:32| 感想